スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音の秋

金曜、学校の帰りにCDを買ってきました。

everywhere

偶然初回限定版を見つけたので、つい食指が・・・(^^;
真綾さんのやさしい声が素敵ですね。個人的には、「カザミドリ」や「ユニバース」が特に好みです。
カザミドリは歌詞の内容からどうしても恋人を連想してしまったりするからなんでしょうけどね・・・五月生まれで、東京の大学へ行きたかったり。私はそんな彼女を応援するしかありませんし。
まあ、この現状で「恋人」と表現して良いのかどうか分かりませんけれどw

ユニバースは以前書いたので、今度はカザミドリの歌詞を書いておこうと思います。

-------------------------------------------
春に生まれたせいかしら
たねが飛んでくみたいにすぐ 遠くへ行きたくなる
まだ見ぬ場所へ

風に運命ゆだねたカザミドリ
目的地を示し続けるコンパス
何を持って行けばいい 何を置いて行けばいい
旅たちの朝

変わることを恐れながら ここに留まりたくもない
いつもとよく似た静かな目覚め

さようならと 背中を押した君
また会えると 声にならない私
重なってた道がまた ふたつに別れてる
はじまりの朝

ひとりぼっちは嫌なのに ひとりで行かなきゃ意味がなくて
寂しさに足が止まっても まだ帰れないの
風とともに海を渡り 日の出に導かれて歩こう
いくつもの出会いと別れ その先に
私を待ってるものがきっとあるから
生まれたとき自分と交わした約束 果たしに行かなくちゃ

だれに聞いてもわからない この目で この手で触れるまで
せかいじゅうに散りばめられた たからもの
森のように深く呼吸をして 星の音を聞いて眠ろう
いつか大地に舞い降りて根をおろす
そこが 帰る場所

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しろかぜ

Author:しろかぜ
地方の理系大学院生

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。