スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

琵琶湖東旅行記with神楽坂つむり 2日目

―――見覚えのある天井だ。(誰かさんの真似)
夜中の3時に寒さを覚えて目がさめた。
この季節はまだ寒さ対策が必要。

ゆっくりと動き出して、のんびりと準備を始める。なんてったって、ぶらり旅。
2日目のスタートだ。




まずは彦根からそう遠くない旧豊郷小学校を目指すことに。
アニメ「けいおん!」の聖地や、ヴォーリズ建築の建物として有名な校舎である。

P4010707.jpg

門をくぐって見える立派な構えや、考えつくされた内装、採光に思わず見とれてしまう。
素敵な場所。

P4010728.jpg

P4010717.jpg

優しい光が校内を明るく照らす。

P4010727.jpg

P4010736.jpg

オタクはすぐにキメポーズをとりたがる。



3階の会議室は作中の部室を再現してあり、アニメの柔らかな雰囲気が漂っていた。

P4010752.jpg

アニメファンと地元の方々の相互理解や協力があって、こういうのが実現するんだね。

P4010740.jpg

ヨーロッパだ。



会議室の隣には唱歌室があり、作中でも登場していた。

P4010754.jpg


P4010749.jpg

もともとベースを弾いていた人だからか、バシっと決まって見える。

P4010746_20160410110216732.jpg

オタクはすぐにキメポーズをとりたがる。




朝ごはん抜きで行動していたので、ケーキを見ていたらさすがにお腹がすいてきた。
そんなとき、つむりさんのフォロワーがおすすめのお菓子屋を紹介してくれた。
フォロワーが多いことは、こういう機会を逃さないためのアドバンテージにつながっているのかな、なんて思った。
さっそく、おすすめしてもらった「きょうかどう」さんへ。
やわらかプリンと、とよどら(豊郷どら焼き)を購入。

12439435_775009632598701_8824349599273351113_n.jpg

やわらかプリンはなめらかな触感、甘いプリンとビターなカラメルのバランスが絶妙だったし、
とよどらはぎっしりと詰まった餡が力強い甘みを出していながら、それでいて、くどくない。
このお店、出来る・・・!ごちそうさまでした。


お腹が満たされたところで、次の目的地を決める。

わたし「パッと出てこないし、せーので東西南北決めよう。」
つむりん「いいね、そうしよう。」

せーの

「「北!」」




次は、長浜にある黒壁スクエアへ。
そして運転手交代。せっかくの車旅、交代で運転したほうが楽しいよね。(思ってたよりも攻める走り方だった)

順調に走り、黒壁スクエアに到着したとき、事件は起きる。

わたし「指輪がない。」
つむりん「まじか。」

普段は右手の薬指につけっぱなしにしているのだけれど、時をさかのぼること1時間。
こちらを見ていただきたい。




小指で薬指が少し隠れてしまっているが、指輪はついていない。この時に敢えて外して撮影をしたのだ。
(今になって思えば、なんでわざわざ外したのかさっぱりわからない)
この時にポケットに入れたつもりだったものの、落としてしまったに違いない。

予定を急きょ変更して、南へ。もともと予定なんてなかったからいいよね・・・(言い訳)。
しかし、腹が減っては戦ができぬ。まずは腹ごなしだ。
黒壁スクエアにある美味しそうな蕎麦屋に入ってみた。(そば八さん)

写真 2016-04-01 12 00 02
山葵そば

大変おいしゅうございました。のど越し、噛みごたえもちょうど良い。
山葵は地方差にもよるのか、辛味がしっかりとしてた。
あと、お汁が関西・関東で選べるのがとても良心的。



さて。
豊郷に戻ろう。(3時間ぶり2度目)
もし見つからなかったら諦めようと思いながら、歩いてきた道をたどり、再び部室へ。

そこに指輪はあった。




椅子の上にちゃんと乗ってました。ヨーロッパがしまってある机のところに。
何人か観光に来られていた方も見受けられたし、そういう人たちも、きっとこれを見つけてもそっとしておいてくれたんだろう。
豊郷は、優しい場所だ。


ホっとしたところで、そういえばカメラをとっかえっこして撮影してみたいなと思い、つむりんの60Dを使わせてもらった。

P4010765.jpg


ふむふむ。なるほどね。
カメラのことは詳しくないけど、なんだか優しい写りと、小気味良いシャッター音。ずっしり。
自分の手とぴったりなサイズのグリップはすごく使いやすかった。
E-M5もグリップ追加しちゃおうかな。


ここからは、彼がE-M5で撮影したものを何枚か。

P4010766.jpg

P4010769.jpg

P4010771.jpg

同じカメラで撮影して、この歴然たる差や。彼の写真技術には関心せざるを得ない。
その場にいた時の雰囲気まで収める眼と、そのポイントを嗅ぎ付ける嗅覚は凄いの一言に尽きる。


無事指輪を回収したところで、そういえばまだ校舎で回りきっていない場所があったことに気が付いた。
カメラを自分のものと改めて交換しなおして、校舎を出て右手の建物に向かう。

こちらはどうやら土産物や寄贈品を並べたりしているらしい。楽器やフィギュア、けいおん!が掲載されていたころのまんがタイムきららなどが飾られていた。

P4010801.jpgprpr

P4010804.jpg

P4010805.jpg

優しい世界だ・・・。


これで一通り回ったかな?といったところで、売店でかぼちゃプリンを買ってひと息。

写真 2016-04-01 14 37 47
すごくカボチャカボチャ。カボチャのピューレ食べてるんじゃないかってくらいカボチャ。カボチャ好きにはおすすめ。


ひと息ついたところで、時刻はまだ3時前。まだまだ動く余裕はある。


今度は西へ。日牟禮八幡宮に行ってきた。

実は一度行ったことがある。しかもこの前の週。
でも、いい場所は何度行ってもいいし、そんな場所は誰かに紹介したいのも性である。

境内をゆっくりと歩いて、各々撮りたいものを探す。

P4010810.jpg

P4010818.jpg

P4010831.jpg

P4010828.jpg

オタクはすぐにキメポーズをとりたがる。


先週はまだ咲きはじめだったけれど、この日は運よく満開を迎える桜を拝むことができた。

P4010836.jpg

P4010845.jpg

わたし「横にいるのが男じゃなくて、嫁や恋人だったらなあ・・・。」
なーんて言ってたら

P4010839.jpg

彼はすぐそういうポーズをとる。

やれやれ、この人ほんと上手な方だ。

人の心の動きや、場の状況がすぐに“わかる”し、
彼の思ってることもこちらがすぐに“わかる”ようにアクションしている(ようにみえる)。
3つの意味で“わかりやすい人”。




ひとしきり写真を撮って、甘いものが食べたくなったので、少し移動して「ラ・コリーナ近江八幡」へ。

ここも前の週に行ったけれど、ここのバウムクーヘンはぜひ一度食べていただきたかった。

写真 2016-04-01 16 28 09
うま!うま!

ここの建物は屋根が芝生で覆われていて、まだこの時期は青く茂っていなかった。
またいい季節になったら改めて訪れたい場所。
施設も着々と増やしているので、今後の発展も楽しみ。


バウムクーヘンを食べながらまた次の計画を話していたら、あっという間にいい時間になってしまった。
彼を最寄りの駅まで送って解散!


非常に濃厚で充実した一日半でした。


次は。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

しろかぜ

Author:しろかぜ
地方の理系大学院生

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
検索フォーム
カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。